« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

牧野植物園:5月下旬

07/05/30    牧野植物園:5月下旬

Pict5640 Pict5642

Pict5656

Pict5609 ジギタリス

Pict5611

Pict5617 ドクダミ

Pict5620 ドクダミ

こんな花のドクダミは初めて

Pict5659 イワタバコ

ピンクのイワタバコも初めて

Pict5668

Pict5672

Pict5676

Xpict5637 お気に入りの場所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘇観光

07/05/18  大観峰・仙酔峡・白川水源

Img_7064 道の駅「小国」

寂れた感じであまり良くない

Img_7067 大観峰

阿蘇山が正面に見られ、360度展望のある高原の高台

お釈迦様が仰向けに寝ている姿に似ている事から「阿蘇の涅槃像」と呼ばれている。

根子岳が顔、高岳が胸、中岳がへそ、杵島岳と烏帽子岳がひざ

Photo

Img_7094 仙酔峡

花のピークは少し過ぎていた

見た目ほど綺麗に撮れなかった。

Pict5466

Pict5469

Pict5486

Pict5591

Img_7174  白川水源

入場料100円

ネットで見ると日本一うまい水と書かれている。

早速コーヒーを飲んでみたが確かに美味しかった

Img_7177

Img_7182

Img_7190 月廻り温泉

道路に標識が沢山あるが小規模な温泉でイマイチ

Img_7194

Img_7163_1 駐車場からの展望が素晴らしい。

阿蘇五岳が真正面に大きく見える。

Img_7186 熊本百景の堂々第1位

県民5万人の支持を受けた

Img_7212 道の駅「波野」

温泉は無いが物産館やレストランのある大きな道の駅

Img_7209 今日の夕食は豆腐料理

全部豆腐だが色々な味と食感がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯布院

07/05/17    湯布院

Img_7015_1 由布岳のお鉢廻りの予定を取り止めたので時間が余った。

隣の倉木山に登ろうかと思い登山口に向かったが、こちらも強風が吹き荒れていたので断念。

雨乞峠から見る由布岳が一段ときれいだった。

Img_7017_1 湯布院の町は山に囲まれた盆地の様な所にある。

Img_7023_1 湯布院ハイツ

由布岳に登った後は湯布院ハイツの温泉にどうぞと、ネットに書かれていたので楽しみにしていたが「本日は休館です」の看板が立っていた。残念!!

Img_7028_2 ゆふいんホテル秀峰館

駐車場には1台も車が停まっていないので心配したが温泉に入れた。

Img_7033_1 脱衣室、洗面所も清潔でタオル、髭剃り、マッサージも無料で500円は安い。

Img_7035_1

Img_7047_1

Img_7037_1 時刻が早いので大浴室を独り占めで、由布岳も見られて最高の気分

Img_7039_1 露天風呂とガラス窓付のサウナもある

Img_7049_1 湯上がりに生ビールといきたい所だが車なのでそれも叶わない。

コンビニでビールと、つまみを買って道の駅に戻り、近くの丘に上がり早い時刻の晩酌となりました。

Img_7050_1 大型車の駐車場は離れた所にあり車中泊には良い道の駅。

大型車は何故か夜中、エンジンを掛けっぱなしにするのでうるさい。

Img_7051_1 第一駐車場と第二駐車場がある大きな道の駅

350ml缶を2本飲んだので良い気分になった。車に戻り、整理をして今夜の夕食と明日の朝食と昼食の買い物をする。最初の内はまじめに自炊していたが、段々面倒になり、殆どしなくなった。

夕食も終わり、明日は倉木山に午前中に登って、午後は湯布院の町を散策しょうと思い、情報を仕入れに情報館に行く。この情報館は夜中もずっと明かりが点いている。消灯している道の駅の方が多い。

洗面所でチョット話をした、山口県の方が来て話が弾む。その内に携帯電話を充電に来た佐伯市の方も加わり、3人で仕事の事や九州の観光地や温泉の話をして、時計を見ると10時になっていた。2時間も経っていた。

山口の方が昨日、阿蘇の仙酔峡に行ったがミヤマキリシマが満開だったと話していた。湯布院に来る時に側を通って来たのに、非常に残念。考えると倉木山や湯布院は何時でも良い。急遽、予定を変更して明日は仙酔峡にミヤマキリシマを見に引き返す事に決める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長者原→道の駅「ゆふいん」

07/05/16   長者原→やまなみハイウェイ→国道210号→道の駅「ゆふいん」

01pict5421 サクラソウ

下山して湿原の花を撮影し、大船山の登山道を探索して車に戻ると雨が降ってきた。今回の旅は何か憑いている。

02pict5416 03pict5417

04pict5450 ミツバツチグリ

Img_6796 やまなみハイウェイ沿いに花が咲いてチョットしたお花畑

Img_6798 タンポポの黄色も鮮やかな気がする

Img_6803

Img_6810 道の駅「ゆふいん」

駐車場スペースの間に植え込みがありプライバシーが保てて、車中泊は快適そう

Img_6811 洗面所も花が沢山飾られてきれい

Img_6812 徳島の青年

四国のナンバーを見ると何か声を掛けたくなる。

高知ナンバーを見て四国の方は声を掛けてくれる。九州に来ると四国の人は同郷の様な気がする。

Img_6817 湯布院は人気の観光地なのでキャンピングカーが沢山。

何百万のキャンピングカーのオンパレード

Img_6819

Img_6820

Img_6822

Img_6826

Img_6827 バモスの小さいこと。登山のために狭い山道を走るので仕方ないかと、慰めてみたりする。マアお金も無いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指宿→長者原

07/05/15         道の駅「いぶすき」から久住の長者原へ

道の駅→国道225号→指宿スカイライン谷山→熊本IC→国道57号→やまなみハイウェイ→長者原

Img_6474 道の駅からの朝日がきれい

Img_6479

Img_6483 ナビに従って走ると池田湖のの近くを通り一周して又、道の駅に戻ってしまった。

今度はどんなルートかと思っていると国道を直進した。ナビも時には間違うのかなあ。

お陰で渋滞に掴まってしまった。

Img_6486 少ししか進まないので、どうなる事かと思っていると、3車線になり今までの渋滞がウソのよう。

Img_6494 最初のICに入る時に複雑な道で、ナビもチョット間違っていた。

高速に入ると一安心。

交通量の多い国道57号からやまなみハイウェイに入ると、車も少なく阿蘇山も見えて快適

Img_6499 丘の上には牛も見えて、のどかな風景

Img_6500_1

Img_6502 三愛レストランには車が沢山で、観光バスも停まって賑やか

Img_6505 三愛レストランからは曲がりくねった急坂の道路

展望所から眺めるとレストランが遥か下に見える

Img_6506 展望所にきれいな花が咲いていた

Img_6513 明日登りたい久住山の登山道を確かめる。

ここの牧ノ戸峠で車中泊しようかとも考えていたが、トイレも今一だし寂しそうな場所だったので止める。

Img_6522 長者原は眺めも良くて感じも良い所。

今夜の宿はここに決める

Img_6523 食堂が2軒とレストランが1軒ある。

レストランはもう終了して、食堂は5時と6時に閉まるらしい。

5時半頃の食事に決めて湿原などを散策する

Img_6531 お客さんは誰も居なくて、私一人

メニューがあまり無くて馬刺と生ビールを注文

900円なのに少ししか無い。足りなくて親子丼の上だけ頼む

Img_6536 何か物足りなくて、湿原のテーブルに行って焼酎の湯割りで晩酌のやり直し。

Img_6537 山並みや花を肴にして良い気分

Img_6543 見つかると管理者に叱られるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指宿

07/05/14    開聞岳登山     

道の駅「いぶすき」→池田湖→開聞岳→ヘルシーランド→長崎鼻→道の駅「いぶすき」泊

Img_6359 昨夜泊の道の駅「喜入」は温泉、レストラン付きだったが、駐車場のトイレは汚いし、洗面も小さな手洗器があるだけ。朝食を摂る気になれなかったので近くの道の駅「いぶすき」に移動する。

海岸線の高台にあり良い所だった

Img_6366 回りには展望台もあり小さな公園になっている

Img_6369 池田湖は素晴らしい所だと思っていたが唯の湖だった

Img_6382 何かイッシーも取って付けたような感じで興ざめする

Img_6463 この変わった山は大隅半島からハッキリと開聞岳をバックに見えていた。

ヘルシーランドはこの山の付け根にある。露天風呂に入ったが今一だった

Img_6472 長崎鼻にも行ったが閉まっていた。佐田岬のように、自由に入れないようだ

道の駅「いぶすき」に着いたのが5時過ぎでレストランや物産館は店終いしていた。聞くと5時で閉店だった。

ビールを買いにコンビニを探したが見つからず小さな商店でやっと買えた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大隅半島観光

07/05/13   大隅半島から薩摩半島へ観光しながら移動  

ねじめ温泉→神川大滝公園→かのや霧島ヶ丘公園→荒平神社→道の駅「たるみず」→埋没鳥居→桜島→道の駅「喜入」

Img_6188 神川大滝公園

Img_6198 想像していたより凄い滝だった

飛沫で近くまで行けなかった

Img_6207 吊り橋より

Img_6214 滝を見るために造った吊り橋

九州の人は考える事が違う

Img_6211 右の螺旋階段を120段、それから山道を歩いて吊り橋へ辿り着く

Img_6228 かのや霧島ヶ丘公園

ポピー花園に何故かヘリコプターと飛行機が展示されている。鹿屋は特攻隊の基地があったから?

Img_6239 花咲く広い園路の先に展望台が見える

Img_6244 公園の奥に登った大隈山地も聳えている

Img_6249 眼下はバラ園がきれい。広くて1枚の写真に入り切らない

Img_6251 入園料は600円

広くて時間が掛かりそうなので上から眺めて満足する

Img_6265 園路でも沢山のバラが見られる

Img_6269

Img_6273 芝生では子供達が楽しそうにゲームに興じている。

登山では一人でも全然寂しくないが観光は家族連れなどが多くてチョット寂しい感じがする。

Img_6290 国道220号線沿いのアコウ並木

所々に駐車場も設けられて、海岸では投げ釣りをしていた

Img_6291 アコウの木

Img_6295 お気に入りの道の駅「たるみず」へ再びやってきた

Img_6296 ビワ(200円)

足湯に浸かって桜島を眺め、安くて美味しいビワを食べれば、極楽極楽

Img_6306 桜島

噴火で埋没した鳥居

Img_6314 火山防災センター(無料)

シアターでは3D映像で土石流の怖さが体験できる

Img_6319

防災センターの向かいの展望台より

Img_6323 湯の平展望所

Img_6330

迫力のある桜島が望める

100円を入れて双眼鏡を覗くと稜線にミヤマキリシマが一本咲いていた。植物の生命力は凄い

Img_6344

桜島フェリーは有料道路に入るのと同じで、車に乗ったまま料金を支払う

Img_6351 桜島にお別れして薩摩半島へ向かいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大隅半島移動

07/05/12       甫与志岳登山口→佐田岬→根占       鹿児島/大隅半島

Img_6085 清純の滝

車をデポした場所から10分ほど歩くと見事な滝があった

Img_6096 国道448号線から太平洋の景色

Img_6111 佐田岬への道路

有料道路が4月26日から町道になって無料だった

Img_6115 カジュマルの木

道路沿いに何本がある

Img_6125 道路は無料だったがトンネルの手前で300円が必要

Img_6146 本土最南端の岬

Img_6147 壊れかけた展望塔に上がるのに又、200円取られた

Img_6154 佐田岬灯台

観光客が減ったのか公園内はあまり手入れされていないらしく荒れ気味で寂れた感じがする。

Img_6176_1 国道269号線から初めて開聞岳が望めた

Img_6179 ねじめ温泉・ネッピー館

道の駅「根占」で泊まる予定だったが駐車場は波を被りそうな海岸でトイレは相当離れていたので止めた。

ねじめ温泉の支配人に相談して駐車場に泊めてもらった

Img_6186今夜も何とか温泉、生ビール、刺身 付きとなりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅「くにの松原おおさき」

07/05/10  道の駅「くにの松原おおさき」 鹿児島県曽於郡大崎町

Img_5935 ホテル、レストラン、物産館、温泉がある大きな道の駅

温泉はImg_5936 300円で安いが石けん、シャンプーは置いていない。(最初は分からずに自前ですかと聞いて、少し恥をかいた。地元の人はプラスチック駕籠に入れて持参している)

打たせ湯から始まって全部で8種類の設備が整った凄い温泉。

Img_5937

Img_5941 レストランの酢豚は500円で量が多くて黒豚なので美味しい。

生ビールも中ジョッキーなのに量が普通より多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびの高原→たるみず

07/05/10   えびの高原から道の駅「たるみず」に移動

Img_5729 霧島温泉郷は大きなホテルが建ち並んでいる。湯煙や硫黄のガスが上がり、車で走っていても硫黄の臭いがする。

Img_5730

Img_5736_1 丸尾の滝

国道223号線沿いに車が一杯停まっていたので行ってみると大きな滝があった

Img_5744 霧島山の登山を無事終えたのでお礼参りに霧島神宮に立ち寄る

Img_5746 赤い鳥居がまだ奥にもあった

Img_5754 緑の森をバックに朱塗りの本殿が美しい

Img_5755

Img_5778 道の駅「たるみず」

無料の足湯、温泉、レストラン、物産館があり正面に桜島が見られて素晴らしい駅

Img_5786 桜島に沈む夕日が美しい

Img_5798 空には飛行機雲も現れてしばし見とれていた

Img_5803 夕焼けに染まる桜島

Img_5804 夕日を十分に堪能したので、今度は温泉へ

Img_5805

Img_5806 330円を支払ってロビーへ

Img_5809 脱衣室や洗面所も清潔で気持ちが良い。

全面ガラス張りの浴室からは桜島も見えて素晴らしい

温泉を上がり、レストランでお造りと生ビールを注文。久し振りで生き返った。普段は大根のけんは食べないが全てキレイに食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびの高原から高千穂河原

07/05/08  えびの高原の朝日&高千穂河原の夕日まで

Img_5145 九州最初の夜が明けていきます。

Img_5265 韓国岳の登山を終えてもう一度ノカイドウを見に行ってみた。昼は又、違った感じだった。

Img_5270 駐車場の管理人さんに聞いて「からくに荘」の温泉に行ったが、小さなお風呂で今一だった。

Img_5271 高千穂河原へ向かう道路から松林の奥に新燃岳が望めて良い感じ。

Img_5276

赤松が夕日に照らされて一層、赤く見える。

Img_5277 高千穂峰は山肌が部分的に赤く見える。

Img_5281 高千穂河原はえびの高原ほど広くないが、何か落ち着ける所だ。

Img_5291 今日は夕焼けしないので、明日の天気はどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタクリin砥石権現

07/04/30  カタクリとアケボノツツジ

01pict5350 群生は無く所々に咲いている。

2輪一緒に撮るのがやっと

02pict5362 二人の踊り子

03pict5295 実際はもっと濃い

04pict5328

05pict5363

06pict5320 相当イナバウアーしている

07pict5341 白ぽい花

08img_5077 アケボノツツジは花付が良いがもう少し先

09pict5337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半平山→ファガスの森

07/04/29  半平山登山口→川井峠→岳人の森→ファガスの森

Img_4938 国道438と193号が交わる辺りの河原では沢山の親子連れが遊んでいる。

Img_4943 岳人の森は思っていたより小規模な建物だった。

Img_4947 砥石権現の登山口に着いたのが午後4時になったので今日は諦める。

Img_4950 予定変更でファガスの森へ行く。沢山のライダーが休憩していた。

Img_4955 今夜の泊はここに決めて、付近を散策したりしてのんびりする。夕日に照らされたタムシバの花がキレイ

Img_4960 月も見られるようになり日も暮れてきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »